2011 年 08 月 29 日 (月)|RSS Feed
HIV感染者の場合

by 漢方屋

HIV感染者の場合

出産時に母親が産道にHSV-2を排出していると、赤ちゃんに致命的な感染を引き起こす可能性があります。妊娠中に母親がHSV-2に感染しないことが大切です。妊娠中に母親がHSV-2に初めて感染したような場合には、出産時に赤ちゃんを感染させてしまう可能性が高くなります。出産時に産道に性器ヘルペス感染症の病変が出現しているような場合には、帝王切開による出産を産婦人科医師が選択することがあります。

アメリカ合衆国では、異性間でのHIV(エイズの病原体ウイルス)の感染に、HSV-2は大きな役割を果たしていると考えられています。性器ヘルペス感染症であるとHIVに感染しやすくなります。また、HIV感染者の場合には、性器ヘルペス感染症であると、他の人を感染させやすくなります。

HSV-2の起こす症状については、大変に個人差があります。HSV-2に感染しても多くの人は、感染したことに気づきません。しかし、初めて感染して症状が出た場合には、陰部の水疱(水ぶくれ)や潰瘍といったはっきりした症状が出ることがあります。初めて感染して症状が出る場合には、HSV-2に感染してから2週間以内に陰部の水疱(水ぶくれ)や潰瘍といった症状が出現し、その症状は2-4週間で消失します。インフルエンザのような症状や、発熱、リンパ節の腫脹が出現したりすることがあります。しかし、HSV-2に感染しても何の症状も出ない人もいます。また、気づかないほどの軽い症状であったり、虫刺されや単なる発疹と勘違いされてしまうこともあります。性器ヘルペス感染症の症状が出現する人たちでは、年に何回か(平均的には4回か5回)の、こういった症状の繰り返しがありえます。

体内の単純ヘルペスウイルス(herpes simplex virus : HSV)を全部死滅させてしまうような治療法はありません。しかし、有効な抗ウイルス剤の使用により、症状が出ている期間を短縮したり、症状の出現を予防したりすることができます。