2011 年 08 月 04 日 (木)|RSS Feed
EDの種類(2)

by 漢方屋

EDの種類(2)

 【器質性勃起障害】

 こちらは身体的な理由により性交渉の時に必要充分な勃起が得られない状態のことを指します。具体的には陰茎の支配神経、血管、組織などの障害や内分泌機能障害などが挙げられます。内分泌機能障害の一つには男性ホルモンの低下が挙げられます。

【混合型勃起障害】

混合型には二種類ありまして、一つ目に上の機能性勃起障害(心因性)と器質性勃起障害(身体的)が併発しているものがあります。心の病であるうつ病が影響を与えていて、さらに内分泌機能障害などが症状として表れているケースなどが具体的に挙げられます。

二つ目に挙げられるのは、糖尿病や高血圧、腎不全、泌尿器疾患などの疾患により、神経や血管、ホルモンが正常に機能せずに起こるケースです。これは基礎疾患との併発になります。

【その他の勃起障害】

加齢によるものや投薬の副作用による内分泌機能障害からくる勃起障害、原因不明のものがあります。

大まかに分類して大体上の4種類に分けられます。次にそれぞれの対処方法などを説明していきたいと思います。