2012 年 02 月 18 日 (土)|RSS Feed
ED(勃起障害)とは?

by 漢方屋

ED勃起障害)とは?

勃起不全とは、文字通り解釈すると「男性のペニスが勃起しない状態」と言うことになりますが、以前は日本と欧米とでその定義に少し違いがありました。

日本では

「性欲・勃起・性交・射精・極致観(オルガズム)のいずれか1つ以上を欠くか、もしくは不十分なもの」

に表現されているように、男性のペニスだけの問題に限らず、性欲や射精、満足感というものにも配慮がなされています。

それに対して欧米では

「性交のチャンスの75%以上で勃起が不十分なため挿入が不可能なもの」

や、

「挿入するのに十分な勃起が得られなかったり、勃起が維持できないもの」

というようにもっぱらペニスが勃つことに主眼をおいています。


このような定義の違いは、性に対する日本と欧米との考え方の違いを表したものかもしれません。

勃起不全は以前はインポテンス(impotence)と呼ばれていましたが、最近はインポ(不能)という言葉は表現の正確性を欠く上に患者の感情を損なう軽蔑的な意味合いがあるということから、なるべく使わない方がよいという傾向になっています。

インポテンスに代わって、最近はEDという言葉が主流になってきています。

コマーシャルにもEDという文字を見かけるようになり、ほんの数年の間にEDという用語が急速に普及しました。

EDの定義は、

「満足のいく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」(米国泌尿器科学会,勃起不全症ガイドライン会議,1996年)

というのが、現在一般的になっています。

あいかわらず「勃つこと」に主眼が置かれていますが、「満足のいく」といった言葉が入っただけ性行為のとらえ方が欧米から日本よりになったのかもしれません。