2011 年 05 月 27 日 (金)|RSS Feed
ED治療と高血圧の関係

by 漢方屋

ED治療と高血圧の関係

男性の悩みにEDがあります。EDは心因的な要因もありますので、気にしすぎることはよくありません。しかし、放置するのもよくなく、身体の疾患が原因の場合もあります。
身体の疾患でEDと関係の深いものは高血圧です。

高血圧とEDは密接な関係にあり、発症の順位は高血圧かEDかといわれるぐらいに因果関係があります。
高血圧が原因となる理由は、血圧が高くなると血管を傷つけ、陰茎の血流が減少し勃起に至らない理由です。調査によれば高血圧の方の1割の方がEDを発症する報告もあります。


高血圧といわれる血圧は、安静時最高血圧が170mmHg以上か、最低血圧が100mmHg 以上ある場合をいい、もしこの値以上の血圧があり、医師にかかっていないなら、EDの治療薬は禁忌となり処方されません。血圧降下剤との相互作用があり、場合によっては危険な状態になります。

EDの治療や改善は、まず高血圧の改善が優先されます。高血圧が続くとEDを悪化させ、動脈硬化症や心筋梗塞(しんきんこうそく)脳梗塞(のうこうそく)といった血管障害が原因の症状へ発展する可能性があります。血圧コントロールはEDの治療にもなります。

性行為中に心停止して突然死の可能性もあります。
EDの治療薬との禁忌とされているものには、心臓疾患に使う治療薬のニトログリセリンなどの硝酸薬(しょうさんやく)の併用できません。
EDの改善には高血圧の改善が優先され、血圧コントロールが大切になります。EDの治療薬と併用できないものがありますので、医師の指示に従いましょう。