100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody+' '; blogSend+=''; blogSend+=' [All About(オールアバウト)] '; var blogHref='http"/>

2011 年 03 月 14 日 (月)|RSS Feed
EDと体格とは関係があるのか?

by 漢方屋

EDと体格とは関係があるのか?

症状と原因

 
1992年に出版された『ゾウの時間 ネズミの時間』(本川達雄著、中公新書)は標題が示すように、動物のサイズによって、流れる時間の速さや体重あたりの総エネルギー量などがどのように変わるのかという関係を解き明かした、生物学の手ごろな入門書です。

ガイドがサイズや体格の問題に興味を持ったのは、来院される患者さんに比較的大柄の方が多いことに気づいたからです。果たして、ED(勃起不全勃起障害)と体格との間には、なんらかの関係があるのでしょうか。

肥満度が高いほどEDになりやすい?

肥満とは単に体重が重いことではなく「脂肪組織が過剰に蓄積した状態」を言います。肥満の判定にはBMI(Body Mass Index)※という国際的な基準が用いられます。

米国で行われているMMAS(マサチューセッツ・メイル・エイジング・スタディ)と呼ばれる大規模な調査によると、BMI値が高まれば高まるほどEDは悪化し、改善しにくいという興味深い相関関係が明らかになりました。

日本では、BMI22のときの体重が最も健康的であると考えられており、糖尿病や高血圧などが起きやすくなるBMI25以上を肥満と定義しています。BMI30以上で男性ホルモンの低下がみられ、BMI40以上では、さらに著しく減少するとされています。
※BMI=体重(kg)÷{身長(m)}2