2011 年 04 月 30 日 (土)|RSS Feed
心筋炎

by 漢方屋

心筋炎

風邪の症状や胃腸症状などがしばらく続いたあと、胸痛や息切れ、足のむくみ、血圧低下、脈の乱れなどが出現します。こうした変化が続く場合、循環器内科か内科を受診して下さい。

心電図と血液検査、心エコー等で診断はつきます。治療は通常、お薬で行けますが、あまり重症になると補助循環(ある種の人工心臓)が必要になることさえあり、早目の受診が安全です。
 

心膜炎 

心膜炎は心臓のすぐ外側の炎症で、水などが貯まることもあります

急性心膜炎は、心膜に炎症を起こす感染症、特にウィルス性のものやその他の病気が原因で起きます。その他にも原因となる病気があり、心筋梗塞、心臓手術、膠原病、がん、腎不全、甲状線機能低下症、放射線療法などがそれに当たります。

急性心膜炎の症状で多いものは発熱と胸痛。その結果、心臓の周囲に体液や血液が貯留すればタンポナーデと言って血圧が低下し危険なこともあります。

上記の症状があれば循環器内科か内科の外来を受診して下さい。
急性心膜炎の診断は、痛みと聴診(心膜摩擦音)、胸部X線検査と、心エコーが診断に有用です。