2011 年 05 月 27 日 (金)|RSS Feed
ストレスED(勃起不全)

by 漢方屋

ストレスED勃起不全

ED(勃起不全)とは病気であり、これはストレスと機能の異常が、同時かどちらか単独で影響しています。
最近は、加齢による物ものばかりでなく、若年層の発症が懸念されています。
EDの発症の一因として考えられていることに、ストレスを含めた心因的要素も影響が大きいです。


ストレスなど心因的要素は、交感神経を優位に立て、海綿体への血管を収縮させ血流が減少します。このストレスとなる原因は、性行為の失敗などがトラウマになっていることが考えられます。
これにはその人の性格が影響し、心因的要素の影響する性格は、几帳面でまじめな仕事のよくできる性格が多いようです。

また、夫婦間でのストレスでは「早く子供を作らなくては」「自分がリードしなくては」といった焦燥感やプレッシャーがあるようです。
加齢によるEDではなく若年層のEDの原因は、前述の「夫婦間のストレス」や「健全な性知識の欠如」「マスターベーションへの誤った知識」といった理由の他に、幼児期の生活環境からくるトラウマも考えられ、成人してからでは情報化社会の弊害も影響しています。

EDについてまず理解しなければならないことは、EDは病気で治せる病気ということです。
この事は数年前に厚生労働省が呼びかけ、医療機関での治療も積極的にできるようになり、カウンセリングも行い認知度も高くなりました。
EDについてこの事を理解して、積極的に治療に望みましょう。

EDは精神的な心因的要素が影響していますので、これを 克服することも重要です。
事例ではパートナーに打ち明けただけで、EDが改善できた例もあります。