2011 年 06 月 10 日 (金)|RSS Feed
オットセイとED

by 漢方屋

オットセイとED

ここでは、オットセイのエキス(カロペプタイド)について説明したいと思います。

古くは徳川時代から性機能改善に効果があるとされ使用され続けているオットセイのエキス、「カロペプタイド」

ざっと400年近く使用され続けている超ロングヒットのオットセイのエキスですが、現代ではその効能は科学的にも証明されており、性機能改善だけでなく健康促進・維持、美容にも効果があることが認められています。

オットセイのエキスである「カロペプタイド」とは、最近話題の"アミノ酸"が複数個結合した状態のポリペプタイドの一種類で、タンパク質を分割したものです。

ご存知のようにタンパク質は、人間の体の組織の多くに大きな影響を与えている最重要物質の一つであり、その生成物質の一つであるアミノ酸は近年、その重要性が高く評価されています。

しかしながら、一口にタンパク質、アミノ酸と言いましても、効果的なタンパク質、アミノ酸の摂取は非情に難しいことで知られています。

なぜなら、タンパク質の生成物質であるアミノ酸、それもいわゆる「必須アミノ酸」をバランスよく、しかも豊富に含んだ食材というのは、あまり存在しないからです。

もっと具体的に説明しますと、必須アミノ酸8種類を含みタンパク質を生成するアミノ酸20種類を含んだ単一食材を探し当てることは相当難しいと考えられます。