2013 年 12 月 04 日 (水)|RSS Feed
救急散の紹介

by 漢方屋

救急散の紹介

 救急散(同仁堂)は紅黄色の粉剤で、香りがあり、味が苦です。服用後、爽やかな感じがあります。

 救急散(同仁堂)は解表(発汗させること)、清熱(熱邪を解消すること)、鎮驚( 不安感を解消すること)、化痰(痰を除くこと)の作用があります。体に熱邪がありながら、外部から寒邪を受けられるによる発熱、口が渇く、咳嗽、痰が多い、咽が腫れ痛み、痙攣、不眠症などに用いられます。

救急散(同仁堂)の成分
天南星(てんなんしょう)、僵蚕(きょうさん)、白附子(びゃくぶし)、天竺黄(てんじくおう)、天麻(てんま)、荊芥穂(けいがいすい)、薄荷(はっか)、牛蒡子(ごぼうし)、柴胡(さいこ)、葛根(かっこん)、川烏(せんう)、桔梗(ききょう)、陳皮(ちんぴ)、木香(もっこう)、黄芩(おうごん)、黄連(おうれん)、大黄(だいおう)、蓮子心(れんししん)、玄参(げんじん)、西河柳(せいかりゅう)、滑石(かっせき)、雄黄(ゆうおう)、麝香(じゃこう)、竜脳(りゅうのう)、牛黄(ごおう)、朱砂(しゅしゃ)

救急散(同仁堂)の用法・用量
1回0.75グラムを1日2回、水またはお湯で服用してください。