2012 年 02 月 19 日 (日)|RSS Feed
内分泌性ED

by 漢方屋

内分泌性ED

内分泌性EDの原因は、大きく分けますと、


・高プロラクチン血症によるもの、

・低アンドロゲン性によるもの、

・糖尿病性によるもの、

・そして、甲状腺機能低下症などの内分泌疾患によるもの


の4つに分かれます。


高プロラクチン血症によるものではそのメカニズムは明らかではありませんが、性欲、勃起、射精に影響を及ぼしているとされています。

高プロラクチン血症を引き起こす要因の多くは薬物性のもので、向精神病薬(スルビリドなど)があります。

問診時に注意深い薬歴の聴取が大切です。


男性ホルモンなどのアンドロゲンは、中枢レベルでは視床下部の性欲中枢を刺激し、末梢レベルでは陰茎などへの感受性を高めます。

低アンドロゲン性EDには、視床下部 → 下垂体 → 性腺レベルでの障害とされています。

例えば何らかの原因で下垂体からのLH、FSHというホルモンの分泌が低下し、精巣でのテストステロン生産が妨げられる状態を低ゴナドトロピン性性腺不全症と呼びます。

また、精巣の機能障害が生じ低テストステロン血症となり、下垂体、視床下部にその情報がったわり、LH、FSHが上昇する状態が高ゴナドトロピン性性腺不全症といいます。
このような状態は血液検査にて判断されます。

下垂体の疾患以外に内分泌疾患によるEDとしては、副腎疾患、甲状腺疾患などがあります。

いずれも、性欲の減退や勃起力の低下が起こります。