2011 年 06 月 28 日 (火)|RSS Feed
免疫系とは?

by 漢方屋

免疫系とは?

 花粉症をはじめとした、アレルギーの発症には人間の免疫系が大きく関わっています。免疫系とは、循環器系、呼吸器系、消化器系、神経系などと並んで、人間が生きて行く上で欠かすことのできないシステムのひとつ。身体の中に入ってきて例えば風邪のウィルスなどが体内に入ると、免疫系はその持てる力を総動員して、そのウィルスを撃退します。こうしたウィルスや細菌は日々侵入の機会をうかがっているので、免疫系は常に戦っているといっていいでしょう。外からの侵入だけではない、内側からの反乱、つまりガン細胞の増殖を防いでいるのも免疫系です。

 こうした外敵や、内側からの反乱を鎮圧するのが免疫系の仕事で、身体にとって異物ではあっても、無害なものはただ白血球に食べられるだけで、特別な反応は起きないのが普通です。花粉も同じ。本来なら、体内に入っても特別な反応は起きないはずです。それがどうして起きてしまうのでしょうか?