2011 年 03 月 27 日 (日)|RSS Feed
脳梗塞の原因

by 漢方屋

脳梗塞の原因

脳の血管が詰まってしまうと、その先にある脳細胞に栄養分や酸素が行き渡らな くなり、脳細胞がダメージを受けてしまいます。このような病気を総称して、脳梗塞と言います。

脳梗塞がおこる原因には、脳血管の動脈硬化と心臓の不整脈の2つがあります。

 

動脈硬化


食事の欧米化に伴って増加している動脈硬化。動脈硬化によって血管の中が細くなった結果、脳の血流が滞り、詰まってしまうことで脳梗塞を引き起こします。専門的には、細い血管が詰まる「ラクナ梗塞」、太い血管が詰まる「アテローム型脳血栓症」との2つを呼び分けます。

不整脈


心臓の不整脈の一つである心房細動がある患者さんは、脳梗塞リスクが非常に高いことが知られています。心房細動で心臓のリズムが乱れると心臓内に血の塊(血栓)が出来やすくなり、この血栓が心臓から送り出される血流に乗って流れていき、脳血管を詰めてしまうのです。このタイプを「脳塞栓症」と呼びます。