100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; "/>

2011 年 03 月 17 日 (木)|RSS Feed
風邪の予防法

by 漢方屋

風邪の予防法

風邪の予防法として推奨されている、マスク・手洗い・うがい。実は念を入れることに意味がなかったり、実行の仕方によっては効果がないこともあります。それぞれの予防の有効性や注意点についてお教えします。

風邪の基礎知識

 
風邪の予防法として推奨されているマスク・手洗い・うがい。実は過剰な工夫に意味がなかったり、実行の仕方によっては効果がないこともあります。それぞれの予防の有効性や注意点についてお教えします。

使い捨てマスク……最も有効な予防法

 最善の予防策はマスクです!
風邪を完全に予防する方法はありません。しかし、呼吸器である鼻や口からウイルスを吸い込む量を減らす事は、予防につながります。

具体的にはマスクを使用することです。市販のマスクには色々ありますが、少し値段が高いマスクを使い回すよりも、安価な使い捨てマスクを毎日取り替えて使うことをお薦めします。マスクの外側の部分は病原体に汚染される可能性があるからです。

通常のマスクをした場合、マスクがある部分から空気の80~90%、マスクと顔の間から10~20%の空気を吸い込んでいます。マスク自体の空気の濾過に関して高い性能があってもマスクと顔の間から吸い込む空気に対しては関係がないからです。

N-95と呼ばれる高性能のマスクもありますが、医療機関でも空気感染する結核のような病原体があるような場合でないと使用しません。一般の人が風邪予防のためにこれらの高性能なマスクを使っても、顔の形にきちんとあった形状のものを使用しないとマスクと顔の間から空気を吸い込んでしまい、通常の使い捨てのマスクと効果は変わらなくなってしまいます。逆にきっちりと顔の形状にあって装着した場合は呼吸が苦しくなるので、長時間の装着には適していません。

マスクは、公共交通機関、エレベーターの中、最近多い机を並べた簡単なしきりの職場、集団生活する学校の教室などで特に予防効果を発揮します。