100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody"/>

2011 年 03 月 30 日 (水)|RSS Feed
悪い食べ合わせ

by 漢方屋

悪い食べ合わせ

日本では、古くから体調に影響を及ぼす組み合わせを「食べ合わせ」として言い伝えられてきました。また栄養学的に吸収を促したり、阻む組み合せもあります。今回は悪い食べ合わせの例をご紹介します。

ニンジンがビタミンCを壊すのは間違い

以前は、ニンジンに含まれているアスコルビナーゼという酵素がビタミンCを破壊すると言われていましたが、「破壊する」という言葉は正確ではなく、この酵素は、酸化させる働きがあるのです。この酵素は、熱や酢に弱いので、加熱調理したり、生で使うとしても酢を加えることで、ビタミンCの酸化作用はなくなります。

また酸化されたビタミンCは、体内で「還元型ビタミンC」に変換され、結局ビタミンCとしての総量はほとんど変わらないそうです。ただし、還元型と酸化型の効力の違いについては、今後の見解が待たれています。

こうしてご紹介した食べ合わせで、必ず吸収が悪くなるとか、有害物質を排出できるというものではありません。食べ方や食べる量、それぞれの体質などによっても異なります。あくまで栄養素・成分の作用ということでご参考になさってください。私たちの体はいろいろな成分が複雑に影響し合って、うまく機能しています。何か一つの栄養素、食べ物に注目して摂取するというよりも、幅広い食べ物を食べるように心がることが大切です。