2011 年 06 月 08 日 (水)|RSS Feed
オルガズムの障害

by 漢方屋

オルガズムの障害

これも男性女性ともにあり、女性オルガズム障害は性交渉の際にオルガズムがない。いわゆる「感じない・イカない」に相当します。恒常的にオルガズムが全くない場合と、シチュエーションやパートナーによってはある場合とがあります。男性オルガズム障害も同様に恒常的に全くない場合と、状況・相手によってはある場合とがあります。「遅漏・早漏」は男性オルガズム障害に相当します。

その他の障害

性交渉時に痛みを伴う性交疼痛症、膣痙攣などがあります。性交渉時に痛みを伴うケースでは稀に男性の場合もあります。

ここまでは性欲の低下する原因を見てきましたが、性欲の過剰といったケースもあります。

性嗜好障害

例えば、法に触れるようなケースにまで発展するような異常な場合と法には触れないが本人にとって悩みとなっている場合まで様々です。程度の差はありますが、性的な衝動を抑えきれない障害と言えます。

その他のケースとしては、性交渉依存症に代表されるようなケースも報告されています。性的な行動を取っていないと不安だったり、ストレスになったりします。