2011 年 04 月 24 日 (日)|RSS Feed
心不全の主な症状

by 漢方屋

心不全の主な症状

心不全はさまざまな原因で起こる病気です。その原因を放置すると危険なことがよくあります

心不全は心臓がポンプとしての仕事が十分にできなくなった病気で、重症 になれば命の危険があります。心不全の原因として次の病気があります。

  • 心筋梗塞
  • 高血圧……年齢などにもよりますがおよそ150/90mmHgを超えれば注意が必要
  •  
  • 弁膜症……弁が逆流したり狭くなる病気
  •  
  • 心筋症……心臓の筋肉の病気
  • 心筋炎……菌やウィルスにやられ、心臓筋肉がパワーダウンする病気
  • 先天性心疾患……生まれつきの心臓の病気
  •  
  • 貧血やホルモン異常
  • その他

心不全になると、運動時に息切れや動悸がしたり足がむくんだりします。重症になるとじっとしていても息苦しくなります。仰向けになると苦しい方は要注意です。

減塩食は心不全を良くするために大切です。塩はいろんな食べ物に含まれており、うまく塩を避けることで、美味しく健康に過ごしたいものです

治療は安静と減塩、水分制限から始まり、お薬で心臓の負担を取り、体の余分な水分を減らします。

心不全そのものの治療に加えて、血圧や弁膜症・狭心症などそれぞれの原因を治すことも大切。薬などで心不全が治らなければ、状態によって心臓外科で手術することもあります。

心不全の症状があれば、まず内科できれば循環器内科へ行かれることを勧めます。なお現在の担当医師と気が合わないとか、治療内容に納得がいかない、などの場合にはセカンドオピニオンを他病院・他医師からもらうとよいでしょう。セカンドオピニオンは現代は患者さんの基本的権利として認められています。

心不全も、それ自体が危険なだけでなく、二次的に肺炎になったり血栓ができて脳梗塞などになったり、腎臓や肝臓が悪くなった.