100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody+' '; blogSend+=''; blogSend+=' [All About(オールアバウト)] '; var blogHref='http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do?entry_text='+encodeURIComponent(blogSend); var blogHtml='ブログを書く"/>

2011 年 03 月 23 日 (水)|RSS Feed
よくある頭痛の原因(1)

by 漢方屋

よくある頭痛の原因

生活習慣と頭痛の関係

空腹時や睡眠不足時、特定の食べ物を食べた後など、頭痛の要因は人それぞれ

慢性頭痛に関わりなく、個人によって決まったパターンで起きる頭痛があります。一定時間痛みを感じた後で自然に治まり、心配ないものがほとんど。睡眠不足や特定の食べ物など、自分の頭痛と関わりそうな要因を調べていくことで、効果的に予防することが可能です。慢性頭痛がある場合もどんな行動の後に頭痛が起きることが多いかの分析は、治療に有効。

いずれの場合も、自分の行動パターンと頭痛との関係について把握することは大切です。頭痛の原因は人それぞれですが、比較的よくある頭痛要因についてまとめました。

■アイスクリーム頭痛
冷たい物を食べた時に起きる、ごく短時間の強い頭痛。口内の冷たさの刺激が強すぎるため、三叉(さんさ)神経などの中枢神経を通じて混乱が起きるためとも考えられていますが、すぐ治ってしまうためにはっきりした原因は解明されていません。いずれにしても病的な頭痛ではないことがほとんどなので、心配いりません。

■空腹(低血糖)による頭痛
空腹時に必ずしも低血糖状態になるとは限りませんが、低血糖は頭痛(特に片頭痛)を誘発します。朝食を食べない習慣の人が、普段は食べている昼食を抜いた場合などは空腹度が高くなり、午後には低血糖になりやすいので、頭痛を起こす可能性があります。

■チョコレートによる頭痛

片頭痛がある人の一部では、チョコレートが頭痛の誘発因子となることも。チョコレート内に含まれている血管を拡張させる成分が頭痛を引き起こすと考えられています。

■コーヒー(カフェイン)による頭痛
血管を収縮させる効果があるカフェインを含むコーヒーは、一般的に頭痛改善の効果があるとされています。一方で毎日たくさんのコーヒーを飲む習慣がある人がコーヒーを飲まないと、頭痛を起こすことがあるとも指摘されています。