2011 年 10 月 28 日 (金)|RSS Feed
手コキ研究の最前線

by 漢方屋

手コキ研究の最前線

「手コキ」とは、文字通り手でこくこと、すなわち手で男性器をこすったりピストン運動させ、刺激を与えることです。一般的には「手コキ」は、別の誰か、例えば女性だったり、同性愛の場合は男性だったりが、他人のそれを手でこする場合に使われるケースがほとんどのようです。

ただし男性が自ら行う「オナニー」のような、自慰行為の場合は「センズリ」「手ズリ」「手淫」などと呼び、あまり「手コキ」とは呼びません。

なお、抜き身のおちんちんを手でしごくのに対し、男性がパンツを履いている状態で手でしごくのを、とくに「パンツ手コキ」などとも呼びます。女性などが男性のパンツの中に手を入れてしごくのは「パンツの中手コキ」、さらに女性が自分の履いていたパンツ (パンティー) などを使って、男性器を包むようにしてしごく場合は、「パンティー手コキ」「女性下着手コキ」などとも呼びます。

また、女性が男性をリードしてキスをしながら手コキするものを、「キス手コキ」とか「接吻手コキ」などと呼びますが、これも痴女やM男的な代表的プレイとなります。あくまで男性が受けとなり、女性が攻めになる組み合わせと云うわけです。

しばしばこのプレイは、痴女の行う「オナニー手伝い」や、あるいはM男に対する被虐プレイ、逆レイプの要素を含んでいる場合が多いようです。同種のものに「足コキ(脚コキ)」というものもありますが、女性が胸で男性器を刺激するものは「パイズリ」であって、あくまで「パイコキ」でないのは、ズリに対するコキに、女性優位、男性劣位というSMにおけるS女xM男の組み合わせのニュアンスがあるからなんでしょう。

なおアダルトビデオでは、痴女が1人に男性が複数というケースも非常に多いのですが、この場合、一応痴女モノではあるものの、絵ヅラだけ見ていると1人の女性がいわゆる輪姦のように複数の男性に犯されているのと、ほとんど区別がつきません。

セックスやエロは根本を突き詰めると単なる生殖活動、枝葉を突き詰めるとシチュエーションに行き着くものだと思いますが、イメクラやアダルトビデオのような射精産業の場合、枝葉を極限にまで追求しているので、わかる人はわかるけど、わからん人にはわかりづらい世界になっているようですね。