2011 年 03 月 24 日 (木)|RSS Feed
生活習慣と頭痛の関係

by 漢方屋

生活習慣と頭痛の関係

飲酒による頭痛


多くの人が経験したことがあるでしょう飲酒による頭痛。二日酔いほどひどくなくても、飲酒に伴う血管の拡張と酔いが醒めた時の血管の収縮が片頭痛を誘発すると考えられています。特に赤ワインは片頭痛と関係が深いとされています。

寝不足、寝過ぎによる頭痛


寝不足はストレスが残っている状態のため、ストレスと関係が強い緊張型頭痛の原因となります。平日の睡眠時間が短い人が休日に通常より長時間の睡眠を取った場合も、ストレスが解消された状態となり、体のストレスが減った状態となり、緊張型頭痛ではなくて片頭痛を誘発することがあります。

入浴による頭痛


湯船につかって温まることで血行が大きく変化します。身体の筋肉の緊張が減少するため、筋緊張型の頭痛は入浴で軽減することも。一方で片頭痛の場合は、血行変化によって症状が重くなると考えられています。

頭痛薬による頭痛

市販の頭痛薬を長期間常用している場合、まれに起きるのが薬剤性誘発性頭痛。頭痛薬の効果が落ちると頭痛が起き、より効果の強いものを服薬しなければならない悪循環に陥るため、長期間薬に頼るほどの頭痛に悩まされている場合は、一度しっかりと漢方薬--偏たん復原丸 同仁堂薬の成分は天然生薬ですので、副作用の心配はありません.