2013 年 12 月 24 日 (火)|RSS Feed
関節リウマチの初期症状

by 漢方屋

関節リウマチの初期症状


関節リウマチは精神的疲労や、天候(湿気・寒さ・気圧の変化)などの影響を受けやすく、天気が下り坂の時は、こわばりや痛みが強くなる傾向にあるようです。

関節リウマチの初期症状では、急に37度前後の微熱が出て、かぜと間違うことがありますが、悪寒を伴うこ高熱になることはありません。全身のふしぶしが痛むような症状が、ふつうのかぜと違い、体を動かすのが困難になるのも特徴です。

関節リウマチになったとしても、最初から激しい痛みがある訳ではなく、体をじっとしているときに痛みはありません。押したり圧迫したときに痛みを感じる(圧痛)も特徴的な症状のひとつです。

痛みが出るのは、手をねじるような使い方をしたり、物を持ったりするような動作をしたときに、漠然とした痛みを指や手首に感じます。水道の蛇口をひねるのが、困難になるといった症状が起こることもあります。

関節リウマチの初期はこのような症状が持続する訳ではなく、よくなったり悪くなったりしながら、ゆっくりと進行するのが、多くのケースとなります。