2011 年 12 月 20 日 (火)|RSS Feed
眠れず、太りやすくなる

by 漢方屋

 ま眠れず、太りやすくなる

ずは休日に早寝をして、理想的な睡眠の効果を実感することから始めよう。

1.体温周期に睡眠リズムを合わせることで、睡眠前半は深い睡眠で成長ホルモンなどを分泌し、睡眠後半は徐々に体温を上げて起床に備えられる。
2.体温が下がり始める時間に眠らないので深い眠りが得にくく、成長ホルモンの分泌が減りやすい。体温が低い時間はパフォーマンスが落ちるので、たとえ仕事していても効率は悪い。

下腹がじわじわ引き締まる運動

 早く結果を出したい人は、ここで紹介するスぺシャルメニューに挑戦しよう。

 足首を重ねてひざをぐ~っと額に近づけ、両脚をピンと伸ばし、さらにゆ~っくり下ろしていく。

 見た目に派手な動きではないが、下腹全体にじわじわと強い力が加わり、強度はかなりのもの。

1.ひじをしっかり床につけ、上体を支えながら両脚を真っすぐ伸ばし、足首を交差させる。                                                
 
3.上のポーズで息を吐き切ったら、一度大きく吸う。吐きながら両脚をゆっくり伸ばし、最もキツイと感じる高さで一瞬キープする。
4.さらに息を吐き続けながら5秒かけて脚を下ろしていく。脚が床に近づくにつれてひじが浮きやすくなるので注意して。
 
 
 
2.息を吐きながらひざを額にできるだけ近づけ、下腹にぎゅ~っと力をこめる。このとき、ひざは多少開いてもいい。お尻が少し浮くくらいまで、体をしっかり折りたたむこと。