2011 年 10 月 17 日 (月)|RSS Feed
女性の更年期障害の症状

by 漢方屋

女性の更年期障害の症状

最近どうもよく眠れない、イライラする、月経が不順になった・・・ご不安な事、ご心配な事もたくさんあるかと思います。ご自分があるいはご家族がその時期になり、何かしらの症状が現れて初めて関心を持たれる事柄です。

心理的要因:性格に依存=完璧主義・几帳面
環境的要因:家庭・社会・職場=ストレス・不安
身体的要因:卵巣機能の低下=ホルモンバランスの乱れ

これらが相互に重なり合って生じると言われています。更年期に起こる症状が人によって差があり、悩みの深さも違うのはこれらの要因に差があるからです。特に環境的要因は更年期の症状の重さを左右します。家庭が円満で生き甲斐を持つ方は、更年期の症状が軽いという報告もあるようです。環境的要因についてはご自分で整える他に、ご家族の方の支援や理解が必要となってきます。

更年期障害の特徴は自覚症状が中心で、人によって出方は異なり、また一定の症状ではなく、次々と違った不調としてあらわれます。そのためその辛さは他人には理解してもらいづらく、たくさんの方が悩まれているのが特徴です。

めまい・耳鳴り・物忘れ・頭痛・憂うつ感・判断力、不眠・不安感・集中力低下・倦怠感・しびれ・蟻走感(皮膚に虫がはうような感じ)かゆみ・肩こり・知覚過敏・知覚鈍麻・腰痛・関節痛・背筋痛・筋肉痛・のぼせ・ほてり・手足の冷え・冷え・動悸・息切れ・皮膚や粘膜の乾燥・発汗・湿疹・ドライマウス・唾液分泌の異常 ・食欲不振・吐き気・便秘・ドライアイ・下痢・腹部膨満感・のどのつかえ・月経異常・性器下垂感・頻尿・残尿感・性交障害・外陰掻痒症などさまざまな症状がみられます。

更年期に起こる症状は人によって異なりますが、自分が悪いから、弱いから、と自分の責任のようにとらえてしまう方が多いように思います。しかし、更年期の症状は生理的なからだの変化に伴うものですので、けっしてその人自身のせいではありません。今まではがんばれたのに、と無理をしたり、できない自分に落ち込んだり、焦りを感じたり・・・