100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody+' '; blogSend+=''; blogSend+=' [All About(オールアバウト"/>

2011 年 02 月 14 日 (月)|RSS Feed
ニキビ・肌荒れ・皮膚炎

by 漢方屋

悩み別漢方 ニキビ・肌荒れ・皮膚炎

ニキビ・肌荒れ・皮膚炎の漢方

 
皮膚のトラブルは、西洋薬で急な症状を抑えながら、体質改善で漢方を併用する方法など、いろいろあります。「肌は内臓の鏡」といいますが、身体の中から原因を考える漢方の考え方をご紹介しましょう。

皮膚トラブルの漢方での考え方

皮膚病にはアトピー性皮膚炎やニキビ、湿疹などのほか、水虫などもはいります。漢方では病名だけではなく、症状や体質によって対処法が変わり、かゆみがひどいのか、ストレスで悪化したのかなどの原因を探ることが重要です。

また、偏食や食品添加物の影響、日頃のお手入れの仕方も大切で、皮膚の悩みも多用になっているのも事実。さまざまな要因が重なり、慢性化している人も少なくありません。

おもな対策・漢方薬

炎症がある場合は清熱したり、かさつきがあれば血や水分を補います。びらんやジュクジュクした液がたまっている場合は、余分な湿気をとりながら、熱を冷まします。血行不良のシミや吹き出物には、血液の循環をよくするものを使用したり、体質改善の漢方を併用することもあります。

目の充血・のぼせ,カサカサ・慢性的な炎症,ジクジク・アトピー

皮膚トラブル時の食養生法・生活の工夫

辛いもの、脂っこいもの、お酒などの刺激の強いものや、甘いものは症状が悪化しやすいので避けましょう。肉食はほどほどにし、野菜を中心としたメニューで薄味を心がけ、偏食はタブーです。

最近ではストレスが原因で皮膚のトラブルを招くケースが多いのですが、この場合はギッチリと決め事を作らないことも必要です。月に一度はご褒美で好きなものを食べたりして、バランスを摂りましょう。

なお、良質な睡眠も肌にいい影響を与えます。漢方でも「夜、美肌は作られる」といい、必要な水分(陰液)をたっぷり保持するためにも、遅くとも翌日になるまでに就寝しましょう。