2012 年 02 月 10 日 (金)|RSS Feed
子宮内膜症の原因について

by 漢方屋

子宮内膜症の原因について

女性の場合は、赤ちゃんを授かるために10歳頃から生理が始まって、それが閉経するまで続きます。この生理というのは、妊娠するために必要な体のサイクルであり、その月経血とともに不要となった子宮内膜の組織が体外へと排出されます。

しかし、この生理のときに、何らかの原因によって子宮内膜の組織が体外へと正常に排出されずに、他の器官へと移ってしまうことがあります。そうしますと、他の場所に移ってしまった子宮内膜組織が、生理のサイクルとともに出血や炎症などを引き起こしてしまい、それが悪化してしまうと子宮内膜症となってしまいます。


● 生理のサイクル

1、卵子の成熟とともに、赤ちゃんを育てるために子宮内膜が厚くなってきます。

2、卵子が排卵されて子宮内膜が不要になると、不要となった子宮内膜は自然と剥がれ落ちて、月経血とともに体外に排出されます。

※ この時に、子宮内膜の組織がうまく排出されずに他の器官に移動してしまうと、子宮内膜症となってしまいます。