2011 年 08 月 31 日 (水)|RSS Feed
妊娠中絶になる共通の理由

by 漢方屋

妊娠中絶になる共通の理由

妊娠中絶になる共通の理由は、望んでいないにも関わらず妊娠をしてしまったという現実からきています。結果がでてしまったあとで、「まさか妊娠するとは思わなかった。」「避妊に失敗した。」など言い訳をしたとしても、それは何の解決にもなりません。あれこれと思い悩んでいるうちに時間だけが経過して、お腹の中の胎児は生きるためにどんどん成長していきます。妊娠中絶をするのなら、なるべく早い段階で決断を下さなければいけません。

母体へのリスクや中絶できないような状態になってからでは、どうすることもできません。望まない妊娠でいちばん不幸なケースは、自分の意思による行為ではなく何らかの事件に巻き込まれた結果、暴行されて妊娠してしまった場合です。女性にとって暴力を奮われることは、心の中に深い傷を作ります。そのうえその相手の子供を妊娠したとなると、妊娠中絶を選択せざるを得ません。生まれてくるはずの子供を受け入れることができれば良いのです。

が、生まれてきた子供を目の当たりにして暴力を受けたことを思いだしたり、ずっとトラウマを抱えて育児をしなければならないような状態では、母子共に健康な生活を営んでいけるとは言えません。他にも特定のパートナー以外の人とセックスし、その結果妊娠してしまった場合です。結婚して子供を育てられるような環境にあれば問題ありませんが、そうでない場合はシングルマザーもしくは妊娠中絶のどちらかを選ばなければなりません。どちらにしても女性にとっては大変な負担になることは間違いありません。