2011 年 04 月 23 日 (土)|RSS Feed
動脈硬化の予防法・治療法

by 漢方屋

動脈硬化の予防法・治療法

食生活の改善は動脈硬化予防の第一歩。日常生活をできるところから改善していきましょう

動脈硬化が進行して脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こさないためには、動脈硬化を進行させる要因の改善を行うことが大切です。

動脈硬化性疾患の主な危険因子は以下の通り。

  • LDLコレステロール高値
  • 加齢(男性45歳以上、女性55歳以上)
  • 高血圧
  • 糖尿病(耐糖能異常を含む)
  • 喫煙
  • 冠動脈疾患の家族歴
  • 低HDLコレステロール血症

年齢や家族歴以外の多くの危険因子は生活習慣と関連が深いものがほとんど。予防の基本も治療の基本も、生活習慣の改善が第一となります。

日常的な運動と規則正しく食べ過ぎない食生活が大切。生活習慣での改善だけでは不十分な場合は、それぞれの疾患に対して薬でコントロールをすることになります。

たとえ程度が軽くても、多数の危険因子が重積していると冠動脈疾患の発症リスクは高くなります。危険因子の総合的な管理は非常に重要です。