2011 年 03 月 23 日 (水)|RSS Feed
脳にもエネルギーと休息を

by 漢方屋

脳にもエネルギーと休息を

脳のエネルギー源は糖質です。慣れない料理も脳にとっては良い刺激になりま.人間の体そのものが食べ物、つまりエネルギーを必要とするように、脳へもエネルギー供給が必要です。前述のネットワークを形成するためにもエネルギーが必要なのですが、体全体では糖質・蛋白・脂質などをバランス良く必要とするのに対して、脳は純粋に糖質のみをエネルギー源とすることが特徴です。

ですから、脳のことを中心に考えると基本となるのは糖分そのもの、日本人にとっては欠かすことのできないお米が代表例です。近年、子供の体力や学力の低下が指摘されていますが、単にゆとり教育だけの問題ではなく、現代っ子は朝食を食べなくなってきたこと、国民全体のお米の消費量が減っていることにも関連しているとガイドは考えています。

また、徹夜やストレスの多い生活はグリア細胞の寿命にも悪影響を及ぼします。こうしたストレスをできるだけ避け、十分な休息をとることでグリア細胞への負担も和らげたほうが良いでしょう。昼食が終わってから午後4時ぐらいまでに、30分以内の昼寝をすることで認知症の危険性を下げるとも言われています。また、50代以降で多くなる怖い病気の1つに脳梗塞がありますが、通常の睡眠前にコップ1杯の水を飲むことで脳梗塞の危険性をいくぶんか抑えることが期待できます。