2011 年 05 月 13 日 (金)|RSS Feed
脳動脈瘤がある患者さんにもOK

by 漢方屋


脳動脈瘤がある患者さんにもOK

脳ドックで動脈瘤が発見された40代の患者さんからED治療薬服用の影響について相談されたことがあります。結論的に申し上げて、ほとんど影響はないと考えてよいでしょう。動脈瘤があっても、ED治療薬は通常どおり使用できると思います。脊髄損傷の患者さんのEDにも効果があるという報告もあります。

また、高血圧の薬を服用している方からED治療薬の服用の相談を受けることがありますが、基本的に降圧剤で血圧がコントロールされているなら処方できます。降圧剤の中に併用注意薬があるので注意が必要です。市販のビタミン剤との併用もまったく問題ありません。

よく、ED治療薬を使えば必ず勃起力は増すのかというご質問を受けますが、100%効果があるわけではありません。原因にもよりますが、おおむね8割ぐらいに効果があるようです。 
ED治療薬は使い続けても、依存症になることはありません

過度の緊張やストレス、失敗の記憶などを原因とする心因性の勃起不全には特にED治療薬の服用が大変に有効です。

その恩恵を被っている患者さんは多数おられますが、中には常用すると体がそれに頼ることで依存症になり、それなしでは勃たなくなったり、効かなくなったりするのではないかという不安を抱く方もいます。

しかし、それは杞憂です。ED治療薬は使い続けても、依存症になることはありません。心因性の場合には何回か服用して性交渉がうまくいき、ED治療薬無しでもできるようになることもあります。まずは気軽に服用して自信をつけることです。