2012 年 02 月 08 日 (水)|RSS Feed
プロラクチンの働きについて

by 漢方屋

プロラクチンの働きについて

まず初めに、プロラクチンについて解説いたします。このプロラクチンと言うのは、脳の下垂体前葉という器官から分泌されるホルモンの一種で、その働きとしては、乳汁を分泌したり、月経や排卵を抑える働きがあります。そのため、このプロラクチンは、無事に出産した後の、赤ちゃんの授乳期間中などに活躍するホルモンです。

また、出産後の体の仕組みとして、その赤ちゃんの授乳期間中に新しく妊娠しないように、体内のプロラクチン濃度を上げて排卵を抑えます。その後、授乳期間が過ぎれば、上がっていたプロラクチンの濃度も通常に戻って、再び妊娠できるようになります。