2011 年 09 月 19 日 (月)|RSS Feed
背中にきびの原因と改善方法

by 漢方屋

背中にきびの原因と改善方法

背中にきびとは言葉のとおり、背中に出来るにきびを指しますが、この背中にきびは男性よりも女性に多く見られるものです。女性は男性に比べて髪の毛が長いことによって、シャンプーが背中につきやすいことが主な原因といわれています。

■背中にきびの原因
背中にきびの原因には様々な原因がありますが、汗の拭き取り忘れが多くの原因となるようです。背中にきびはスポーツをした後や、夏の暑いときに多量の汗をかいたあとにしっかりと汗を拭き取らないまま放置してしまうことによって、古い角質が残ってしまってり、毛穴が皮脂で詰まることが原因となって出来ます。

又、シャンプーやリンスの洗い残しがあると、髪の毛をつたってシャンプーの成分が背中に渡ってしまいます。このシャンプーなどの成分を洗い流さずにほっておくことで、毛穴が詰まり背中にきびが出来てしまいます。

髪の長い女性は特に注意が必要です。髪を洗ったあとはしっかりとシャワーですすいで、入浴後はドライヤーを使って乾かしてから寝るようにしましょう。髪を上にまとめて寝るなどの工夫をするのもいいでしょう。

■背中にきびの改善方法
背中のにきびを改善するには、いつも背中を清潔に保ち、ホルモンバランスの崩れない規則正しい生活を心がけることに他なりません。

・正しい入浴法を実践
特に頭を洗う際のシャンプー等の洗い残しを放置しないようにしましょう。

・背中を清潔に保つ
皮脂分泌の多い背中は汗を溜めない努力が必要です。汗が多い患部は細菌も繁殖しやすい環境にあることを肝に銘じましょう。入浴法等の改善だけで背中のにきびが治るケースは多いです。

・外的刺激から肌を守る
特に紫外線が肌に良くありません。肌(皮膚)の角化を促しますので要注意です。

・生活改善・食生活改善を心がける
睡眠を充分にとりホルモンバランスの崩れを避けましょう。もちろんバランスのとれた食事も必要です。