2011 年 09 月 07 日 (水)|RSS Feed
外陰掻痒症と外陰炎の治療法

by 漢方屋

外陰掻痒症と外陰炎の治療法

外陰掻痒症は、外陰炎とよく似ているが、少しの刺激でも外陰部がヒリヒリしてかゆみが強くなり、また、皮膚が傷ができたり、かさかさに乾いたり、白っぽい分泌物が出ることもある。原因はこれと言って特定できず、複雑に絡み合っていると考えられる。

外陰掻痒症の治療法については、まず、考えられる原因を検討し、それを排除する。そして、局所の清潔を心がけ。規則正しい生活をするように心を砕く。治療薬は、副腎皮質ホルモン剤や、抗ヒスタミン剤などが効果的です。局所への刺激は極力避け、食事も刺激物(アルコール・コーヒー・香辛料など)は控えめに。また、ストレスを解消できるような趣味を見つけよう。

また、外陰炎の治療法については、まずは外陰炎の原因となるものを調べよう。感染性のものなら炎症を抑える軟膏や菌の種類により抗生物質などを使用。同時に、局所への刺激を避けるため、きついジーンズ・乗馬・自転車・バイク・セックスや下着などは避けること。

非感染性のものなら、原因となっている局所への刺激を取り除く。局所の安静、清潔を第一に心がけ、排便・排尿後はその都度微温湯で軽く洗い流そう。入浴時の石鹸の使用は避けること。消炎剤を塗って風通しを良くしておくといい。どちらの場合も、かゆいからといってかきむしると症状をますます悪化させるだけなので、清潔と乾燥を心がけてひっかかないようにしよう。