2011 年 06 月 30 日 (木)|RSS Feed
子宮内膜症発症しやすい年齢

by 漢方屋

子宮内膜症発症しやすい年齢

以前は30~40代に多い病気でしたが、初経の年齢が早くなってきているので、患者さんも低年齢化しているといわれ、最近は10~20代の女性にも増えています。

子宮内膜症は慢性疾患であり、閉経まで長くつきあっていく病気です。また、激しい生理痛をはじめ、さまざまな症状のために、日常生活やライフスタイルにも影響を与えます。多くの症状は婦人科や女性外来で治療することができます。
一人で悩まず、婦人科を受診してみましょう。

疾患別、女性の受療者数