2011 年 05 月 09 日 (月)|RSS Feed
月経痛(生理痛)の主な原因

by 漢方屋

月経痛(生理痛)の主な原因

月経痛・生理痛・排卵痛・過多月経

 

ひどい月経痛を伴う月経困難症には、2つの種類があります。子宮内膜症や子宮筋腫など月経痛の原因となる病気がはっきりしている「器質性月経困難症」と、はっきりとした原因は分からないけれどとにかく痛い「機能性月経困難症」です。以下で、この2つの月経困難症について解説します。
 

器質性月経困難症で最も多いのは「子宮内膜症」

月経痛がひどい場合は、まず子宮内膜症ではないかを検査しましょう

器質性月経困難症の原因で最も多いのは、子宮内膜症。もともと月経痛がひどい人や、だんだん痛みがひどくなる人は、まず内膜症の検査をオススメします。内膜症の中でも子宮腺筋症といって、子宮の壁が内膜症の病変によって分厚くなっている人は、月経痛がひどく出血量も多くなりやすいのです。

器質性月経困難症の原因となりうる病気は、内膜症以外にもいくつかあります。子宮のお部屋の中に出っ張るタイプの子宮筋腫=粘膜下筋腫がある場合は、月経のたびにこの筋腫を押し出すように子宮がギュッと強く収縮するので、強い痛みの原因になることがあります。出血量も増えやすいので、余計に痛みが強くなりやすいのです。

数はあまり多くありませんが、双角子宮や重複子宮のような「子宮奇形」の場合も、血液がスムーズに出にくいために痛みが強くなりやすいようです。

子宮の位置が後ろに強く傾きすぎている「子宮後屈」は病気ではありませんが、血液がスムーズに排出されにくいことがあり、その場合は強い痛みを伴うことがあります。