2011 年 09 月 07 日 (水)|RSS Feed
外陰にかかわる病気を紹介します

by 漢方屋

外陰にかかわる病気を紹介します

外陰繊維腺腫・外陰脂肪腫とは,外陰部にできる良性の腫瘍。外陰繊維腺腫は繊維組織が増殖してできた硬いしこりで、外陰脂肪腫は脂肪組織が増殖した柔らかいしこり。どちらも良性で痛みはないが、放っておくと腫瘍が大きくなり、セックスや歩行が困難になることもある。現在、原因は不明。

外陰がんが更年期以降の女性に多く、皮膚がんと似ている。初期症状としては、外陰部に潰瘍、固いしこりや傷ができます。かゆみと痛みも見られ、時には潰瘍や、傷から膿や血が出ることもある。こうなると、不正出血や悪臭のあるおりものを見る。ただの潰瘍だと思って、軟膏などで治療していると、症状をますます悪化させ、他の部分にも広がっていく。

急性外陰潰瘍とは、膣口、小陰唇、大陰唇などに小さな潰瘍が1個から数個発生し、激しく痛む。軽い発熱を伴うこともある。栄養状態が偏っているとき、体力が落ちているときや体調を崩しているときなどにかかりやすいが、はっきりした原因は不明。