2011 年 06 月 24 日 (金)|RSS Feed
高温の天候では染毛に気をつけて

by 漢方屋

高温の天候では染毛に気をつけて

若者で頭髪をいろいろな色に染めることが好きな人は多い。真夏が近づくにしたがって、医療専門家は、どんな高級な染毛剤でも毛髪を痛めるだけでなく、頭皮を傷つける可能性があるので、高温の天候のとき、髪を染めることは慎重に注意を促している。


  猛暑の時には、人間の皮膚は強い太陽の光に当たり、空気中の汚染物の刺激を受けるものであるが、加えて炎天下では汗が多く出て汗腺や皮脂腺がいつも緊張している状態で、外部からの悪い刺激が皮膚に入り込む機会が増えることになる。このような状況下では、染毛剤中の化学成分が皮膚を通して容易に人体に吸収されてしまう。また高温の下では、汗の中の大量の代謝物質が炎症を発している皮膚に細菌を増殖させ、症状をさらに悪化させる。