2011 年 04 月 07 日 (木)|RSS Feed
メタボリックシンドロームとは?

by 漢方屋

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームという名称は、1999年にWHOが提唱したもの。日本では、2005年に独自に診断基準が作られました。その後、2008年4月から、生活習慣病の予防を推進するための施策として「特定健診」が開始されました。これは、メタボリックの考え方が反映されています。

では、どのような状態だと、メタボリックシンドロームと診断されるのでしょうか? 現在の診断基準をチェックしてみましょう!

1の腹囲の診断基準に当てはまり、2のA~Cのうち2つ以上に当てはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。

1.腹囲(おへその高さ)
男性 85cm以上
女性 90cm以上

<腹囲の測り方>
立った姿勢で軽く息を吐き、おへその高さで水平に計ります。


2.A~Cのうち2つ以上当てはまる
A.脂質
・中性脂肪 150mg/dl以上
・HDLコレステロール 40 mg/dl未満
→少なくとも片方に当てはまる

B.血圧
・収縮期血圧 130mmHg以上 
・拡張期血圧 85 mmHg以上 
→少なくとも片方に当てはまる

C.血糖
・空腹時血糖 110mg/dl以上

これらは、単独でも動脈硬化の危険因子になります。また、少しだけ高い状態でも、複数の項目が高いと危険が高まることが分かってきました。

さらに、上記の項目にはないですが、LDLコレステロール高値も動脈硬化を促進させてしまいます。

冠動脈疾患を予防するためには、内臓脂肪を減らす~!