2011 年 05 月 24 日 (火)|RSS Feed
糖尿病にはどんなタイプがあるの?

by 漢方屋

 

 

 

糖尿病にはどんなタイプがあるの?

 


糖尿病は、原因によって大きく1型糖尿病と2型糖尿病に分けられます。
このほか、遺伝子の異常、ほかの病気や薬などが原因となる糖尿病があります。



 

表1・糖尿病のおもなタイプ
 
1型糖尿病
2型糖尿病
病気の特性
からだの中でインスリンをつくることができなくなる からだの中でインスリンはつくられるが、量が不足する・はたらきが悪くなる
患者さんの割合
全体の5%未満 全体の95%以上
発症年齢
子ども・若い人[20代]に多い 中年以降が多い
体型
やせている人に多い 肥満の人に多い

 

表2・糖尿病になる原因
1型糖尿病
2型糖尿病

膵(すい)臓の細胞に対する自己抗体が、膵臓の細胞を破壊してインスリンがつくられなくなる

 
遺伝的要素に、何らかの誘因・環境因子などが加わって起こる
 

 

インスリンのはたらきや産生を妨げる遺伝的要素に、食生活の乱れ・運動不足などが重なって起きる

 
次の項目にあてはまる人は、2型糖尿病になる可能性が高い
 ・ 家族や親戚に糖尿病の人がいる
 ・ 運動不足である
 ・ 食事の量が多い:特に脂っこいもの・甘いもの
 ・ 太っている
 ・ 高齢者
 

 


角1   角2
  自己抗体とは

自分自身のからだの組織などを異物として認識してしまい、攻撃してしまう抗体