2011 年 02 月 12 日 (土)|RSS Feed
漢方対策~産後によくある体調不良

by 漢方屋

漢方対策~産後によくある体調不良

■産後の悪露が長引く
悪露が1ヶ月以上続く場合のことを指します。もともと体質虚弱だったり、産後すぐに職場復帰などをしてがんばりすぎてしまったために胃腸の働きが低下し、出血を抑えることができなくなったり、ストレスの影響で自律神経のバランスが乱れて体に余計な熱がこもり出血が続いたり、血流が悪くうまく悪露を排出しきれないことが原因として考えられます。
■産後の肥立ちが悪い
いわゆる産後うつの症状として不眠が続いたり、子供をかわいいと思えない、疲労感が強い、イライラする、動悸がするなどさまざまな症状が出ます。真面目な女性がなりやすいといわれていますが、生活環境がガラリと変わることに加えて子宮の戻りが悪いために起こる症状と考えられています。

多くの場合、血行不良が見られ、血流を改善する漢方+血不足を補う漢方、血流を改善する漢方+自律神経のバランスを調える漢方など、その人の症状に合わせて処方することでつらい悩みから解放されることが少なくありません。また、新薬と異なり、母乳育児を続けながら治療をしていけることも特ちょうの一つです。
 
■乳腺炎になりやすい
乳腺炎になっている方の多くは食生活が原因です。甘いものが好き、脂っこいもの、生ものが多いなど食生活が乱れているために血流が悪くなり、乳腺炎を起こしやすくなります。まずは食生活に気をつけることが第一。

■母乳の出が悪い
母乳はママの血液から作られているように、もともとママのカラダが血不足だったり、ストレスなどによって自律神経のバランスが乱れ、血流が悪いと母乳を作り出す働きが低下しやすくなります。

血不足タイプの場合、乳房が柔らかく、張った感じがない、乳が薄い、食欲がない、疲れやすいなどの症状が出やすくなります。