2011 年 09 月 16 日 (金)|RSS Feed
毛穴の黒ずみの原因は人それぞれ違う

by 漢方屋

毛穴の黒ずみの原因は人それぞれ違う

毛穴の黒ずみの原因は、
・たるみによる毛穴の開き。
・皮脂の過剰分泌による毛穴の開き。
・毛穴に詰まった皮脂や角質の酸化。

毛穴が黒ずんでみえる原因は、人それぞれ違います。まず、毛穴に老廃物である皮脂や角質が詰まり、それが長時間続くことで酸化し発生する黒ずみです。この場合、毛穴の黒ずみの原因は毛穴の皮脂や角質です。では、皮脂や角質にだけ気をつけていれば、毛穴は目立たなくなるのかといえば、そうではありません。毛穴に黒ずみはなくても、毛穴が開くことで影ができ、その部分が黒ずんで見えることがあります。

毛穴が目立つもう1つの原因は、毛穴の開きです。原因は年代によっても変わってきます20代や10代の若い女性は皮脂の分泌が多いため、皮脂が過剰に分泌され毛穴が広がります。広がった毛穴は目立ちますし、影ができると黒ずんで見えます。

30代になると、皮脂の分泌は落ち着いてきます。そして過剰に分泌された皮脂は毛穴につまり、黒ずみに変化してしまうのです。しかし、ハリの低下やお肌の水分量などで、お肌はたるんできます。すると毛穴は開き、黒ずんで見えてしまいます。毛穴の黒ずんでみえる原因は人によって違いますので、当然対策も変わってくるのです。