2011 年 04 月 22 日 (金)|RSS Feed
わかり易く例えると血管はゴムホース

by 漢方屋

わかり易く例えると血管はゴムホース

 

血管はゴムホースに例えるとわかりやすいかもしれません。日頃からよく使用されているホースは、使われるたびに水圧がかかったり曲げたりされて伸び縮みをしていて、その柔らかさの劣化が少ないのに対して、使わずに放置されたホースは硬くなってひび割れてしまったりするのを見た事があると思います。

また、血管壁にこびりついた汚れは、下水道管の汚れに例えられます。その汚れも汚れた水が流れている方がこびりつきやすいのはなんとなくイメージできます。
 

薬を使う前にやっぱり運動で予防

運動をする事で一時的に血流量を上げて、血管に負荷をかけたりする事で血管の柔らかさが保たれ、また、勢いのある血流でこびりついた汚れもとり除く事もできるのです。弾力のある血管とサラサラ血液、そして汚れのない血管の内壁が整ってくる事で血圧はおのずと低くなってくるのです。

運動をする事で血圧が下がってくる事がおわかりいただけましたでしょうか。運動を続ける事で筋肉や骨の衰えもゆっくりになったり、脂肪を分解してダイエットになったり、糖尿病になりにくくなったりして、悪い事はないといえます。

高血圧と呼ばれる前に日頃運動不足を感じていながら、怠けていた人は高血圧の薬を使わなくてもいいように、無理のないちょっとだけの運動を考えてみてはいかがでしょうか。できるだけ毎日、できるだけずっと続けられるかどうかがポイントです。

今回はここまで、次回は運動や食事を注意しても、どうしても血圧が高くなってしまった人はお薬が必要です。どんな種類があるのか、どんなポイントで薬が効くのかなど、どうやって血圧を下げる?血圧の薬の解説です。実際に使っている人はどんな種類の薬を使っているのかみてみましょう。