2011 年 02 月 06 日 (日)|RSS Feed
「不足タイプ」によく処方される漢方

by 漢方屋

「不足タイプ」によく処方される漢方

ほてりは滞り(血の乱れ)タイプでも出ましたが、上半身はほてる反面、下半身は冷えてる場合も「気や血の不足」「寒がりタイプ」「機能不足タイプ」の3つに分けることができます。それぞれの特徴をあげるので、チェックしてみましょう。

気や血の不足タイプ
□ 生理血が少なく、色が薄い
□ 生理中や生理後にお腹が痛くなる
□ めまいや動悸がする
□ だるく、疲れやすい
□ 顔色が悪く、貧血気味

寒がりタイプ
□ 生理痛がひどい
□ とくに下腹部が冷える
□ 温めると楽になる
□ 下痢しやすい
□ むくみや関節痛がある

機能不足タイプ
□ 生理中や生理後にお腹がシクシク痛い
□ 生理時に腰や下腹部が痛む
□ 生理血が少なく、薄い
□ めまいや耳鳴りがある
□ 疲れやすい


気血不足には虚弱体質、寒がり、血行不良によって冷えている,機能不足タイプには同仁堂="">烏鶏白鳳丸 同仁堂 でカラダの機能をアップさせて、痛みのもとを取り除きましょう。