2011 年 05 月 12 日 (木)|RSS Feed
やはり「過ぎたるは及ばざるがごとし」

by 漢方屋

やはり「過ぎたるは及ばざるがごとし」 

適度な飲酒は豊かな性行為を導く潤滑油

これまで見てきたように、少量のアルコールであれば、健康上もED治療薬を服用する上でも大きな問題はありません。

ただし、アルコールは血管を広げる作用があるため、アルコールとED治療薬との相乗作用により、普段よりも低血圧等の副作用が起こりやすくなる可能性はあります。従って、過度の飲酒は避けたほうがよいでしょう。

また、深酒をすると脳の性的興奮が高まらないという事態を招くこともあります。前項で紹介したように、ED治療薬を飲んでも効かなかったという人の原因が、アルコールの飲みすぎであることはよくあります。

せっかくの「潤滑油」も過剰では本来の役目を十分に果たすことはできません。やはり「過ぎたるは及ばざるがごとし」です。

性行為前の飲酒はムードを高め、気分を和らげる程度の少量にとどめておくことが賢明でしょう。