100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody+' '; blogSend+=''; blogSend+=' [All About(オールアバウト)] '; var blogHref='http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do?entry_text='+encodeURIComponent(blogSend"/>

2011 年 03 月 24 日 (木)|RSS Feed
よくある頭痛、受診すべき頭痛、治療法

by 漢方屋

よくある頭痛、受診すべき頭痛、治療法

頭痛の種類

 いつもの頭痛薬が全く効かない? それまで感じたことがない頭痛は、命に関わる危険性も……

頭痛を他に原因となる病気がある「症状」と見るか、頭痛自体を「病気」と見るかは、国によっても判断が様々。正式な分類は非常に複雑です。

ありがちな症状でもあり、時に命に関わることもある病気でもある頭痛。ここでは痛みを感じたときに具体的にどうすべきかを考えるため、頭痛を大きく2つに分類して解説を進めます。

これまでに経験したことのある頭痛


頭痛を経験した記憶がない人はいないはず。個人差がありますが、よくある頭痛は慢性頭痛、生活習慣と関係した頭痛、他に原因がある頭痛に分けることができます。

頭痛が頻繁に起こり治療を受けたいと考えている人は、症状が起きたタイミングで自分の頭痛の特徴を把握して、医療機関にいったときに正しく伝えられるように備えましょう。自分にとってよくあるレベルの痛みなら、症状自体は辛くても緊急性は低いことが多いので、心配しすぎる必要はありません。

 

これまでに経験したことのない頭痛


各個人の経験として頭痛の強さや感じ方、痛みの続き方などがそれまでに体験した頭痛と一致しない場合、「これまでに経験したことのない頭痛」と考えます。慢性頭痛を始め、速やかに医療機関を受診すべき深刻な頭痛が含まれます。「頭が痛い」と思ったら、まずはこれまでにもあった痛みか、過去に経験したことのない痛みかを判断。過去に経験のない頭痛の場合は、診察を受けることが大切です。