100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody+' '; blogSend+=''; blogSend+=' [All About(オールアバウト)] '; var blogHref='"/>

2011 年 02 月 10 日 (木)|RSS Feed
漢方で考える、妊娠中のトラブル解消法

by 漢方屋

漢方で考える、妊娠中のトラブル解消法

 

つわりや貧血、浮腫などの妊娠中のトラブルや、マタニティーブルーなどの悩みは、漢方ではどう捉えるのでしょうか?  なお、風邪を引いたらときの対処法は……?  知っておくと便利な妊娠中のトラブル解消法をご紹介します。

 

漢方でみる、妊娠中の女性のカラダとは?

漢方でも、作用の強い生薬などは妊娠中使えない。しかし虚弱を補うものなど、体質に合ったものであれば、相談の上服用も可能

妊娠を維持するため、女性のカラダのなかでは様々な変化がおこっています。胎盤からいろいろなホルモンが分泌され、循環する血液量も増え、腎の機能※もアップます。

漢方では、生殖器を司る「腎」、自律神経やホルモンバランスのコントロールに関連のある「肝」、赤ちゃんに栄養を与えるもとをつくる消化器の「脾(ひ)」、そして妊娠に深く関わりがあるとされる衝任脈(しょうにんみゃく)という経絡が、妊娠に関連の深い部位や機能とされ、妊娠を維持すると考えられています。

つまり、妊娠期間中にこれらの臓腑や経絡になんらかのトラブルが生じたときに、体調の異変や流産、不育などの異常が起こるというわけです。
 

妊娠中に風邪を引いたときの漢方ケア

妊娠中は自己判断でお薬の使用が難しい時期です。まずは風邪を引かないように予防することが第一。しかし、どうしても風邪を引いてしまうこともあります。症状が軽い場合は、次のようにケアしてみましょう。

サラサラの鼻水、悪寒、発熱、節々の痛みがある場合
・生姜湯や葛湯などを飲み、カラダを温めて寝る
・首から肩にかけて、使い捨てカイロなどで温める

せきが止まらない、痰が切れない、夜中に咳が悪化する場合
・カラダのうるおいや栄養不足で乾咳が出たり痰がきれない場合は、鉄分やミネラルを積極的に摂取する
・症状がおさまらない場合は医師に相談し、漢方薬の服用も検討(麦門冬湯などが使われます)