2012 年 01 月 31 日 (火)|RSS Feed
糖尿病から起こる症状や合併症によって、EDの要因になります

by 漢方屋

糖尿病から起こる症状や合併症によって、EDの要因になります

糖尿病は血液の病気で、いろいろな臓器や神経に悪い影響を及ぼします。
糖尿病になると血液中のブドウ糖の量が多くなり、血管を傷つけ末梢神経に障害を起こします。また、動脈硬化や高血圧にもなりやすく、EDの原因となる要素を十分に持っています。

糖尿病がEDを引き起こすのではなく、糖尿病から起こる症状や合併症によって、EDの要因になります。
EDは陰茎(いんけい)に十分な血液が送れず、うっ血の状態になれず勃起に至りません。
糖尿病になると、高血圧による勃起不全の障害がでます。また、動脈硬化による勃起不全も考えられます。

そして糖尿病は神経障害を引き起こし、脳からの刺激が伝わりにくくなります。これは「糖尿病性末梢神経障害」によるもので、勃起不全に大きく影響します。

糖尿病にかかると高血圧を併発している場合が多く、この場合は治療薬を処方できません。また、糖尿病の方は全般的に効果が薄いとされています。
EDと糖尿病の関係は影響力が大きく、治療薬が処方できない場合があります。