2012 年 02 月 12 日 (日)|RSS Feed
心因性のインポテンツ(勃起不全・ED)

by 漢方屋

心因性のインポテンツ勃起不全・ED)

 

勃起不全(ED)は、治療可能な病気です、1人で悶々と考え込まず、専門家に相談して下さい。悩む前に勃起不全(ED)をしっかり理解し、正しい知識のもとで正しい治療を行いましょう!


心因性のインポテンツ(勃起不全・ED)は、基本的には体に異常はありません。体には異常がないのに精神的な原因でインポテンツ(勃起不全・ED)になってしまいます。

具体的には、「リストラになりそうだ」という経済的問題やセックスの失敗、陰茎のコンプレックス、家の構造上の問題(狭い、隣接)などによって起こるインポテンツ(勃起不全・ED)を心因性勃起不全といいます。

勃起のメカニズムから考えると、勃起が起こるには基本的には性的な刺激が必要です。性的な刺激とは、6感による脳への刺激と陰茎への直接刺激です。これら7つの刺激によって大脳が興奮して勃起するわけです。

この7つの刺激が勃起を促すわけですが、ストレスがある時はいくら刺激を与えても、勃起を起こす大脳中枢神経、自律神経、ホルモン系などに悪影響を及ぼし、勃起のメカニズムが正常に作用しなくなります。これが最も多い心因性のインポテンツ(勃起不全・ED)です。

【その他の心因性勃起不全の原因】

[1]性行為の期間があいてしまい、誘うタイミングを失ってしまう。

[2]適度なアルコールは性的欲求を伴うが、飲み過ぎは性的興奮の伝達を抑えてしまう。

[3]仕事がハードで、体力的に疲れが溜まる。

[4]一度の失敗による不安が性的興奮を抑えてしまう。

[5]加齢に伴う病気への不安。

[6]退職やリストラによる社会的役割の喪失。

[7]妻、友人、知人の死別によるストレス。