2012 年 01 月 12 日 (木)|RSS Feed
ED(勃起障害、インポテンツ、インポ)

by 漢方屋

ED(勃起障害、インポテンツ、インポ)

降圧薬や向精神薬、胃潰瘍の治療薬などの一部には、インポテンツ(インポ)の副作用をもたらすものがあります。
これは「薬剤性勃起障害」に分類されますが、日本ではED(勃起障害、インポテンツ)全体の約6%(アメリカでは約25%)を占めると言われています。

血管性勃起障害


「動脈性」と「静脈性」の2つがあります。
動脈性は、海綿体内にある血管の動脈硬化等による「動脈閉塞性疾患」、あるいは「骨盤内臓器手術」等が原因となって起こります。
静脈性の原因は、勃起時の静脈閉塞機構の機能障害によることが多いと言われています。