2011 年 05 月 06 日 (金)|RSS Feed
産んだ人と産まない人で症状が変わる!?

by 漢方屋

産んだ人と産まない人で症状が変わる!?
PMS(月経前症候群)

出産前後で症状が変わる病気もあります!
 
PMS(月経前症候群)は出産前後で症状が変わることが知られています。

出産経験のない人では『下腹部痛、頭痛、肩こり、乳房が張る・痛い』といった身体的な症状の訴えが強いのですが、出産を経験したことがある人では『アレルギー、イライラする、怒りやすい、攻撃的になる、自分をつまらない人間だと思う、健康管理ができない、家族に暴言をはいてしまう』など、精神的・社会的な症状が目立つようです。

原因は女性ホルモンの影響だといわれていますが、はっきりしません。PMSの対処法はいろいろありますが、一番の対処法は『自分をPMSだと認識すること』だといわれています。もし、いつも月経前にこういった症状に思い当たるようでしたら、PMSかどうかチェックしてみましょう。