100){ blogBody = blogBody.substr(0,100)+'…'; } var blogSend=' '; blogSend+=' '+blogTitle+' '; blogSend+=' '+blogBody+' '; blogSend+=''; blogSend+=' [All About(オールアバウト)] '; var blogHref='http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryinsertinput.do?e"/>

2011 年 02 月 24 日 (木)|RSS Feed
漢方で考える2つの抜け毛の原因とは…?

by 漢方屋

漢方で考える2つの抜け毛の原因とは…?

 
ツヤツヤで美しい髪であり続けるためには、どうすればいいのでしょう? 漢方では、抜け毛の原因をおもに2つにわけて考えます。「滞りタイプ」と「不足タイプ」、あなたはどちらのタイプでしょうか……?

滞りタイプor不足タイプ、アナタの毛髪タイプはどっち?

腎は生命エネルギーの源。腰や骨にも関連深い.漢方では、髪を司っている場所は腎であるといわれています。ここでいう腎とは腎臓の機能だけでなく、生命力を蓄える場所で、人の成長、発育、老化や生殖器の促進にも深く関連しています。

なお、「髪は血のあまり」ともいい、血液が変化したものが髪になり、毛髪の異常があると血の不足や、血行不良をまず考えたりするのです。

ここで簡単に説明すると、抜け毛にもタイプがあり、何かが滞っているので生えない(もしくは細くなる)タイプなのか、栄養が行き届かないので生えないタイプなのか、大きく二つに分けて考えることができます。まずは次の2つから、気になる方をチェックしてくださいね。