2011 年 06 月 23 日 (木)|RSS Feed
真夏に最適な生活パターンは「遅寝早起き」

by 漢方屋

真夏に最適な生活パターンは「遅寝早起き」

 

睡眠は、夏の健康管理の重要ポイントだ。夏の日照時間は長く、早朝から夜遅くまで明るいため、人々の日常生活や仕事・休息の時間にも相応の調整が必要となる。

 

遅く寝て早く起きるのが好ましく、可能な限り同じ時間に寝起きするように心がけると良い。

 

睡眠と気分には深い関係があり、睡眠不足だと、イライラしやすくなる。22:00~23:00に就寝し、5:30~6:30に起きるのが夏の理想的な生活パターンだという。

 

睡眠時間が短くなるため、昼寝をすることで睡眠時間を補うことが重要ポイントとなる。